就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年6月12日 ブログ(24時間戦いません)を更新しました。

2017年6月13日 ブログ(正社員も雇用改善)を更新しました。

2017年6月15日 ブログ(長時間労働が恋愛に支障)を更新しました。

2017年6月16日 ブログ(若手の転職紹介が伸びる)を更新しました。

2017年6月23日 ブログ(厚生年金の加入逃れ防止対策を強化)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

「プレミアムフライデー」の実施率3.7%

先月末にはじめて実施された「プレミアムフライデー」に関する記事です。
3月8日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

「プレ金」実行3.7% 1都3県 民間調査1都3県 民間調査

 


ここから

 

調査会社が月末金曜日の早帰りを促す「プレミアムフライデー」の実施率などを調べたところ、実際に早く帰れた人は3.7%にとどまったことが分かった。

 

約9割の職場で導入されなかったほか、職場で実施・奨励されても「仕事が終わらない」などの理由で帰らなかった人も多かったようだ。

 

職場で実施・奨励されていても、仕事が終わらないなどの理由で、そもそも「早く帰るつもりがなかった」との回答が52.4%を占めた。

 

早く帰るつもりだったが、実際には帰れなかった人の理由も88.4%が「仕事が終わらなかった」。「後日しわ寄せがくる」(18.1%)、「職場の周囲の人の目が気になった」(9.4%)が続いた。


ここまで

 


この調査は、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県に住む有職者が対象でした。
大企業が集まるこれらの地域でさえ、3.7%の実施率なのですから、地方での実施率やいかに…。

 

 

中小企業さんにとっては、「プレミアムフライデーなんて、自分の会社とは無縁」と割り切っていることでしょう。

 


次回のプレミアムフライデーは、年度末です。
果たして、本当に早帰りなんてできるのでしょうかね。