就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年11月28日

ブログ(副業認めるモデル就業規則)を更新しました。

2017年12月7日

ブログ(来春闘もベア2%を求める)を更新しました。

2017年12月8日

ブログ(持ち帰り残業「ある」が3割)を更新しました。

2017年12月12日

ブログ(内定に大学の推薦状を要求)を更新しました。

2017年12月14日

ブログ(働き方改革「実感せず」が8割)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

引っ越し会社が定休日を導入

サービス業があの手この手で、働き方改革を独自に検討しています。
引っ越し会社さんにおける働き方改革を、3月30日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

アート、引っ越しに定休日導入 月3~4日、繁忙期も

 


ここから

 

引っ越し大手のアートコーポレーションは今夏にも定休日を設ける。

 

国内の「アート引越センター」の全122支店が対象で、1カ月あたり3~4日休み、引っ越し作業などは取りやめる。

 

人手不足が深刻になるなか、業務の効率を高め、働く環境を改善して人材の定着や採用増につなげる。

 

大手引っ越し会社が定休日を導入するのは初めてという。引っ越しの業務が比較的少ない火曜日や水曜日を中心に年36日程度休みにして、繁忙期でも設定する予定だ。


ここまで

 

 

引っ越し会社さんは、年末年始を除いて年中無休が常識だと思っていました。
このようにして週一回程度を定休日としなければ、人が回らないのでしょうね。

 


クロネコヤマトさんでもそうですが、トラック運送業界は人手不足で長時間労働を強いられがちです。
便利なサービスを提供していただいて、その恩恵を被っている私たち。
私たちは、それに慣れてしまっているのでしょうね。

 


あまりにも便利になり過ぎた世の中ですが、それとは裏腹に働く人の労働強化が引き換えになっている部分があると思います。

アート引越センターさんのように、思い切って定休日を設けて、働く環境を見直す姿勢には賛成です。