就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年7月20日

ブログ(産業医の権限を強化)を更新しました。

2017年7月21日

ブログ(浮いた残業代で「ヒト」に投資 )を更新しました。

2017年7月24日

ブログ(部下の手綱さばき磨け)を更新しました。

2017年7月25日

ブログ(おやつが職場交流のお供)を更新しました。

2017年7月26日

ブログ(上司と飲酒75%が「イヤ」)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

違法残業でレピュテーションリスク

違法残業をさせると、その会社の評判は益々落ちることとなりそうです。
4月28日の日経朝刊から抜粋します。

 

違法残業などで書類送検 社名を一括公表

 


ここから

 

厚生労働省は5月から違法残業の疑いで書類送検した事案などを同省のホームページ(HP)で一括掲載する。違法残業などを防ぐため、一罰百戒の効果を期待する。

 

労働基準法違反容疑で書類送検された電通を巡っては、滋賀県などが発注事業の競争入札への参加停止の措置を取っており、自治体への情報提供という狙いもある。

 

厚労省によると2016年10月以降に労使協定の上限を超えて違法に残業させたり、残業代を支払わなかったりした疑いなどで書類送検した事案が対象となる。

 

主な掲載内容は▽企業名・事業所名▽所在地▽法違反の内容――を予定している。

 

各都道府県の労働局長が企業の経営トップに対して長時間労働を是正するよう指導し、公表した事案もHPに載せていく。

 

ここまで

 


記事の内容が実施されると、今後はその会社の違法残業に関する評判が、ネット上でいまよりも賑やかになるかもしれません。

 

 

36協定の締結・届出、そして残業時間はその締結・届出した時間内で留める…これができていれば、ひとまず問題ないでしょう。

それが出来ていない場合、労働基準監督官が会社へ来たり(「臨検」と言います)、あるいは労働基準監督署へ呼び出されることがあります。

 

 

その際、是正勧告書や指導票を出されることがあります。
速やかに、適格な是正報告書を提出しておくことが大切です。

 

 

厚生労働省のHPに掲載でもされたら会社の評判はがた落ちでしょう。

ただでさえ人手不足のご時世で、もっと人集めが厳しくなることが予想されます。

 

労働時間管理について、再度見直すことを強くお勧めします。