就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年8月3日

ブログ(求人と条件相違の相談が減少)を更新しました。

2017年8月4日

ブログ(正社員、初の1倍超え)を更新しました。

2017年8月7日

ブログ(勤務間インターバル制を我が社に!)を更新しました。

2017年8月15日

ブログ(南武線で中途採用広告)を更新しました。

2017年8月18日

ブログ(最低賃金25円引き上げ)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

月曜午前は心疾患にご用心

会社で働く方にとって、興味深い調査をご紹介します。
5月9日の日経夕刊から抜粋します。

 

 

月曜午前は心疾患注意!? 仕事のストレス、心臓に負荷 旭労災病院調べ

 


ここから

 

旭労災病院の研究チームが、全国で働く男女207人を調べると、月曜午前は他の曜日と比べ、心臓にかかる負荷が高まっていることが分かった。休み明けの仕事のストレスが原因とみられる。

 

月曜午前は労働者の心筋梗塞や脳卒中の発症が多いとされており、木村玄次郎病院長は「心疾患などを減らすためには、月曜の仕事量を減らすべきだ」としている。

 

調査対象は、主に全国の労災病院で働く男女で、平均年齢は約51歳。平日に働く人たちで、夜勤従事者や既往症のある人は含んでいない。

 

ここまで

 

 

病院で働く方々のみに対する調査ですが、一般的な週休二日制の標準勤務で働く方と同じと考えてもよさそうです。

 

 

月曜日の朝は、「あぁ、憂鬱」と考えている方が多いと思います。
「サザエさん症候群」という言葉もあり、日曜日の夕方から憂鬱になる方が多いと思います。
私も会社勤めの頃、そうでした。

 

*「サザエさん症候群」とは(Wikipediaより引用)
日曜日の夕方から深夜、「翌日から また通学・仕事をしなければならない」という現実に直面して憂鬱になり、体調不良や 倦怠感を訴える症状の俗称である

 

 

こういった憂鬱感みたいなものが、血圧や脈拍に表れるみたいです。
心臓にかかる負荷が高まり、ひいては心筋梗塞や脳卒中の発症につながると…。
怖いです…。

 

 

今日は月曜日、午前中の仕事をうまく調整して参りましょう!