就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年8月3日

ブログ(求人と条件相違の相談が減少)を更新しました。

2017年8月4日

ブログ(正社員、初の1倍超え)を更新しました。

2017年8月7日

ブログ(勤務間インターバル制を我が社に!)を更新しました。

2017年8月15日

ブログ(南武線で中途採用広告)を更新しました。

2017年8月18日

ブログ(最低賃金25円引き上げ)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

24時間戦いません

栄養ドリンク剤のリゲインのCMは、私が若かりし頃流行りました。ご存知ですか?
政府の推進する「働き方改革」により、栄養ドリンク剤の販売戦略に影響が出ているそうです。

 

 

24時間戦いません…ドリンク剤、ソフト路線 働く女性に照準

 


ここから

 

製薬各社が栄養ドリンク剤の販売戦略を見直している。

 

女性管理職を狙った製品や、精神疲労をテーマにした新商品などを相次ぎ売り出している。

 

効率よく仕事する「働き方改革」が進むなか、従来の肉体疲労を和らげる効果だけでは、働く人の支持は得られないからだ。

 

「24時間戦いません」。長時間労働が当たり前とされた時代を支えたドリンク剤は、働き方改革に寄り添えるか。

 

ここまで

 


冒頭のCMは1989年に流行った曲です。つまり、平成元年。私が新卒で会社へ入社した翌年です。

平成に入った頃は、こうして猛烈社員がもてはやされたんですねぇ。

 

 

それが、いまや「働き方改革」が進められ、長時間労働が見直されています。
それにともなって、こういった商品の販売戦略も見直されているわけです。

 

 

1ヵ月あたり45時間を超えて残業すると過労死リスクが徐々に高まると言われています。

1ヵ月45時間の残業ということは、だいたい1日2時間の残業です。
つまり、1日8時間労働の場合、平均して1日10時間働くと徐々に過労死リスクが高まります。

そう考えると、24時間働くことは相当無理がありますね。
もちろん、24時間働かなければならないことは、時としてあるでしょうが、翌日には十分な休養が必要でしょう。

 

 

私はこの曲を替え歌にして、余興をやったりカラオケで歌ったりしたものです。

替え歌の歌詞を考える際、会社の同期連中で「『24時間戦えますか』のところは、『24時間戦いません』だよなぁ。働き過ぎて身体を悪くしたら元も子もないもんなぁ…」と当時話していました。

 

 

いま考えると、私たちは当時の若手社員としては失格かもしれませんが、いまの時代の考え方を先取りしていたかもしれませんね。