就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年6月16日

ブログ(若手の転職紹介が伸びる)を更新しました。

2017年6月23日

ブログ(厚生年金の加入逃れ防止対策を強化)を更新しました。

2017年6月27日

ブログ(退職が1日違いで「差」)を更新しました。

2017年6月29日

ブログ(Jリーグでハラスメント)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

正社員も雇用改善

本当に人手不足の世の中になってきた感があります。
5月31日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

雇用改善 正社員も 4月求人倍率、最高の0.97

 

 

ここから

 

厚生労働省が30日発表した4月の有効求人倍率(季節調整値)は1.48倍と、バブル経済期の水準を超えた。1974年2月以来、43年ぶりの高さで、空前の「売り手市場」だ。

 

労働市場の逼迫感は強く、正社員に絞った有効求人倍率も初めての1倍超えが視野に入る。

 

企業が長期的な人材確保を意識して正社員の採用を積極化し、賃上げに勢いがついてくるとの見方も出ている。

 

ここまで

 


「人手不足のため、有効求人倍率が史上最高」なんていう記事を毎月のように目にします。

 

この有効求人倍率とは、仕事を探している人1人あたり何件の求人があるかを示すものです。
倍率が1以上になると、仕事を探している人にとって多くの求人があるわけで、職探しが楽になります。

 

 

これまでの有効求人倍率の高さは、主に女性や高齢者をはじめとした非正規雇用(契約社員やパートタイム社員など)によるものでした。
企業は人が足りないと言いつつも、非正規雇用という雇用形態で募集を行ってきたわけです。

 

 

しかしながら、正社員の有効求人倍率が0.97倍までに伸び、もう少しで1.00倍に届きそうです。
これは、統計を取り始めた2004年11月以降で最高だそうです。

非正規雇用だと人が採れないから正社員でと、考え方を切り替えたのでしょう。

 

 

非正規雇用ですと比較的、給料が安いです。
それに対して、正社員であればそれ相応に給料をもらえるでしょう。
正社員に対する求人が増えているということは、日本の賃金水準が上がることが予想され、それが消費に回ると景気も良くなりでしょうから、期待が持てます。

 

 

一方で、正社員の雇用が増えると、より良い待遇を求めて転職する人が一層多くなることが予想されます。
企業としては、せっかく育てた社員が他社へ転職しないようにつなぎとめることを、これまで以上に考えていかなければならないのだろうと思います。