就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年8月25日

ブログ(企業役員も長時間労働)を更新しました。

2017年9月7日

ブログ(残業規制で所得8.5兆円減)を更新しました。

2017年9月8日

ブログ(働き方改革で帰宅早く)を更新しました。

2017年9月15日

ブログ(仕事でストレスを感じる人が6割)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

高額年俸者の残業代が認められるか?

たくさんお給料をもらっているんだから、残業代なんていいじゃんと思う方も多いと思いますが…。
6月10日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

医師の残業代 「含む」見直しへ 上告審結審、7月判決

 


ここから

 

医師の高額年俸に残業代が含まれるかが争われた訴訟の上告審弁論が9日、最高裁第2小法廷で開かれ、結審した。判決は7月7日。

 

弁論は二審の結論を変更する場合に開かれるため、「残業代は年俸に含まれる」とした一、二審判決を見直す可能性が高い。

 

訴えを起こした40代の男性医師は2012年4~9月、神奈川県内の私立病院に勤務。1700万円の年俸契約で、午後5時半~午後9時に残業をしても時間外の割増賃金を上乗せしない規定になっていた。

 

ここまで

 

 

記事を読む限り、流れとしては高額年俸とは別に残業代を支払うように命じそうです。

 

 

労働基準法では、管理監督者(管理職ではありません!)とみなし労働制の労働者以外には、割増賃金を支給しなくてはなりません。

 

それを厳格に守ると、1,700万円の年俸契約でもその年俸以外にも割増賃金を支給しなければならないこととなります。

 

 

「年俸契約であれば残業代は支払わなくていい」と誤解している人が多いです。


私もかつて年俸制で働いたことがありますが、これはあくまでもお給料の額の決め方であって、月に一回はお給料を払わなければなりませんし、上述の管理監督者およびみなし労働制以外であれば、割増賃金も必要です。

 

 

それにしても、残業代を支払うよう命じられると物凄い金額になりそうです。
7月7日に注目です。