就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年12月7日

ブログ(来春闘もベア2%を求める)を更新しました。

2017年12月8日

ブログ(持ち帰り残業「ある」が3割)を更新しました。

2017年12月12日

ブログ(内定に大学の推薦状を要求)を更新しました。

2017年12月14日

ブログ(働き方改革「実感せず」が8割)を更新しました。

2017年12月15日

ブログ(労災保険料下げへ)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

おやつが職場交流のお供

仕事をしていて、夕方3時ぐらいになるとおやつが欲しくなりませんか?
6月20日の日経夕刊から抜粋します。

 

 

おやつ 職場交流のお供

 


ここから

 

職場の上司や同僚と酒を飲みながら親睦を深める「飲みニケーション」が、働き方の多様化や価値観の変化で廃れつつある。

 

代わって職場のコミュニケーションに役立っているのがおやつだ。

 

単にオフィスにお菓子を置いておくのではなく、円滑な意思疎通や業務の改善のために、積極的におやつを取り入れる企業が増えてきた。

 

職場の人間関係に潤いをもたらすだけでなく、仕事にメリハリをつけるのにもおやつが一役買っている。

 

ここまで

 


誰かが私的な旅行や出張から帰った際、お菓子一つのおみやげをもらえると嬉しいものです。

 

「へぇ~、旅行で北海道へ行ってたんだぁ」、「福岡の出張はいかがでした?」、「大阪なら私も住んでいましたよ」なんていう会話ができ、コミュニケーションがとれますよね。

 

 

お土産のおやつでなくても良いのですが…

 

おやつをあげたりもらったりすると、人間関係が良くなるでしょうね。

おやつを食べる5分だけ気を緩めて、リフレッシュしてもう一回集中する際にも良いかもしれませんね。

 

記事では、会社がおやつを置いてくれるのですから、ありがたいですね。 

 

 

ある会社でのエピソードなのですが…

 

役員がある社員に対して「君、おやつばかり食べてないで、仕事をしっかりしろよ」と言ったところ、社員は「じゃぁ、就業時間中におやつを食べないように、社内すべてに周知徹底してくださいよ」と…。

 

口答えされ頭に血が上った役員は、社内のネットで「おやつ禁止令」を出しました。

 

私には余裕がない会社に見えますが、いかがでしょうか?