就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年11月14日

ブログ(残業時間の過少申告7%)を更新しました。

2017年11月16日

ブログ(企業、内々定早まる)を更新しました。

2017年11月17日

ブログ(女性の力で働き方改革を)更新しました。

2017年11月21日

ブログ(未払賃金請求権の期間延長を検討)を更新しました。

2017年11月22日

ブログ(消える社内立ち話)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

正社員、初の1倍超え

人手不足の世の中ですが、数字にそれが表れています。
7月28日の日経夕刊から抜粋します。

 

 

正社員、初の1倍超え

 


ここから

 

厚生労働省が28日発表した6月の正社員の有効求人倍率(季節調整値)は前月より0.02ポイント高い1.01倍だった。1倍を超えて求人が求職を上回るのは2004年の調査開始以来初めて。企業の人手不足感が一段と鮮明になった。

 

主婦や高齢者の非正規雇用が中心だった雇用改善が賃金水準の高い正社員に広がり、賃金上昇圧力が高まる可能性もある。

 

ここまで

 


有効求人倍率とは…
全国のハローワークで仕事を探す人一人あたりに対して、何件の求人があるかを示すものです。

 

1倍を超えるということは、仕事を探す人の数よりも、求人している件数の方が多いということです。

 

これまでも有効求人倍率自体は1倍を超えていました。

 

それは、パートや契約社員といった非正規社員の有効求人倍率が高かったわけで、正社員の倍率は1倍を下回っていました。

 

6月の統計で、はじめて正社員の有効求人倍率が1倍を超えたとのことです。

 

 

非正規雇用では人を採用できないから、正社員で募集しよう…世の中の採用は、こういう方向に向かっているのですね。