就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年11月14日

ブログ(残業時間の過少申告7%)を更新しました。

2017年11月16日

ブログ(企業、内々定早まる)を更新しました。

2017年11月17日

ブログ(女性の力で働き方改革を)更新しました。

2017年11月21日

ブログ(未払賃金請求権の期間延長を検討)を更新しました。

2017年11月22日

ブログ(消える社内立ち話)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

最低賃金25円引き上げ

秋から最低賃金の引き上げが行われますが、今年も大幅になりそうです。
7月26日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

最低賃金25円引き上げ 2年連続最大 全国平均848円に

 


ここから

 

厚生労働省の中央最低賃金審議会の小委員会は25日、2017年度の最低賃金の目安を全国平均で時給25円引き上げ、848円にすると決めた。現在の決め方になった02年度以降、16年度と並び過去最大の上げ幅となる。

 

最低賃金に近い時給で働くパートやアルバイトなど非正規社員の待遇改善につながる。政府が進める正社員と非正規社員の賃金格差の縮小に向けて前進する。

 

ここまで

 


毎年、秋に最低賃金の額が引き上げられます。
全国平均で25円という大幅な額となります。

 

秋以降(848円)÷現在(823円)=103.03

 

約3%のアップですから、春闘相場より上ではないかと思います

 

 

街中を歩いていますと、特にサービス業では最低賃金ギリギリでパートさんなどの募集広告を目にします。

最低賃金を目安に賃金水準を決めている会社では、人件費が増えそうです。

 

 

加えて、固定残業代制度を導入している会社におかれましても、最低賃金の動向には目配りをお願いします。