就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年8月25日

ブログ(企業役員も長時間労働)を更新しました。

2017年9月7日

ブログ(残業規制で所得8.5兆円減)を更新しました。

2017年9月8日

ブログ(働き方改革で帰宅早く)を更新しました。

2017年9月15日

ブログ(仕事でストレスを感じる人が6割)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

企業役員も長時間労働

いろいろな統計があるものでして、企業の役員の労働時間の統計結果をご紹介します。
8月11日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

企業役員の9%「週60時間以上働きます」 厚労省調べ 

 

 

ここから

 

1週間当たりの労働時間が60時間以上の法人役員は全体の9.3%だったことが10日、厚生労働省の調査で分かった。同省によると、2016年に週60時間以上働いた雇用者の割合は7.7%。役員自らも働き方改革が求められそうだ。

 

週60時間以上働く役員は92人(9%)で、うち10人(1%)は週80時間以上だった。業種別では「宿泊業・飲食サービス業」で、回答した30人のうち9人(30%)が週60時間以上働いていた。

 

長時間労働となる要因を尋ねた(複数回答)ところ、「繁忙期と閑散期があるため」が39.5%で最多。次は「納期に対する顧客・取引先の要求に応えるため」が28.0%だった。

 

ここまで

 


朝出社すると、タイムカードを打刻したり、IDカードをピッと機械に通したりすることと思います。
これは、会社が労働者に対して、労働時間の管理をする必要があるためです(一部除外される人もいます)。
使用者が現認したり、自己申告という方法もないわけではないですが、客観的に記録される方法がより良いでしょう。

 


ここでご注意いただきたいのは、会社は「労働者」の労働時間を管理する義務はありますが、会社は「役員」の労働時間を管理する義務は、基本的にありません。

この記事は、そんな中での調査なので、たいへん貴重だと思います。

 

 

週60時間以上働くということは、週法定労働時間が40時間ですから、残業時間は20時間以上。
残業時間に関する過労死ラインは、1ヶ月100時間以上、2~6ヶ月の平均で80時間以上といわれていますから、役員の労働時間はそこまではいかないみたいで、胸を撫でおろしました。

 

 

長時間労働となる要因をご覧いただきたいのですが、これは労働者の長時間労働の要因と同じといえると思います。
特に中小零細企業ですと、役員という重責を担いながら、従業員と全く同じ仕事をやっているわけですね。
頭が下がります…。