就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年12月7日

ブログ(来春闘もベア2%を求める)を更新しました。

2017年12月8日

ブログ(持ち帰り残業「ある」が3割)を更新しました。

2017年12月12日

ブログ(内定に大学の推薦状を要求)を更新しました。

2017年12月14日

ブログ(働き方改革「実感せず」が8割)を更新しました。

2017年12月15日

ブログ(労災保険料下げへ)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

働き方改革で帰宅早く

働き方改革が帰宅時間を早めている効果があるそうです。
9月3日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

働き方改革で帰宅早く? 午後5~10時台の電車利用増

 


ここから

 

定期券を使って電車通勤する人が帰宅時間を早めているようだ。

 

東京メトロによると2014年度からの3年間、平日の午後5時台~同10時台の利用は増加傾向にある一方、午後11時台から終電は横ばいだった。

 

同社は「早い時間帯に帰宅していると推測できる」と指摘。企業などが働き方改革を進めていることが鉄道利用の動向に表れているとみられる。

 

定期券による改札通過人数(16年度、平日の平均)が午後5時以降で最も多い時間帯は午後6時台の21万4千人。14年度比8%増えた。午後5時台と午後7~9時台も5~8%、午後10時台も2%増えている。

 

ここまで

 


こう見ると、残業時間は着実に減っているのでしょうね。

 

記事に書いていたのですが、深酒をする人が減ったということも要因ではないかと…。

 

 

働き方改革で残業時間が減った→それにともない、残業代も減った→基本給や賞与がそんなに伸びているわけではない→お酒に使うお金がないから、早く帰ろう

 

こんな考えの方が多いのかもしれませんね。