就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年12月7日

ブログ(来春闘もベア2%を求める)を更新しました。

2017年12月8日

ブログ(持ち帰り残業「ある」が3割)を更新しました。

2017年12月12日

ブログ(内定に大学の推薦状を要求)を更新しました。

2017年12月14日

ブログ(働き方改革「実感せず」が8割)を更新しました。

2017年12月15日

ブログ(労災保険料下げへ)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

マインドフルネスで集中力をチャージ

仕事に集中するために、マインドフルネスを…実は、わたしもやっております。
9月11日の日経夕刊から抜粋します。

 

集中力 私流チャージ 瞑想ストレッチ 雑念消え「今」に集中

 


ここから

 

働き方改革が進むなか、いかに効率よく働き、短時間で成果を上げるかが、ビジネスパーソンにとって至上命令となっている。それに欠かせないのが、仕事中にいかに集中するか。手軽にできる集中力アップ法を専門家に聞いた。

 

東京都千代田区のヤフー本社。平日の朝9時、まだ人影まばらなオフィスの一角に、靴を脱いで車座になった男女10人あまりのグループがいた。インストラクターの指示に合わせて、瞑想(めいそう)したり、立ち上がってゆっくりと歩いたり。1時間ほどでお開きとなった。

 

彼らが取り組んでいたのは、ヤフーが昨年から毎週、希望する社員向けに提供している「マインドフルネス研修」。社員でインストラクターのAさんは、「何週間か続けると、ストレスの軽減や仕事中の集中力アップを自覚できるようになる」と話す。

 

マインドフルネスは禅の瞑想法が起源。20世紀後半の米国で研究が進み、宗教色を抜いた形のものが、精神医療や有名企業のリーダーシップ研修などに利用され始めた。グーグルが社員研修にいち早く取り入れた例は有名だ。個人で実践するビジネスパーソンも増えているという。


ここまで

(お断り)インストラクターの名前をイニシャル表記にしました。

 

 

私もやっています。このマインドフルネス。
やっているのは、ヨガ、坐禅、ボディースキャン瞑想の3つです。

その道に詳しいお医者さんに勧められましたもので…。

 

やり始めて、半年。
効果は…う~ん。正直、まだ実感できていません。

 

 

人間は、身体を休めることが必要です。
ですが、身体を休めているときに、あれこれ考えて脳が活発に動いていると休んだことにならない。
だから、脳を休めることが大切なのだそうです。

 

脳を休めるとは、「過去」や「将来」のことをあれこれ考えるのではなく、「今」に全神経を集中することなのだそうです。
私は、坐禅をやっていても、あれこれ考えてすぐに雑念が湧くのでいけませんね…。

 

 

書店へ行っても、「マインドフルネス」だの、「脳を休める」と題した本がたくさんあります。
ぜひ、一度体験されてみてはいかがでしょうか?