就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年9月27日

ブログ(副業禁止する企業には魅力なし?)を更新しました。

2017年9月28日

ブログ(男性は育休取得に忖度)を更新しました。

2017年9月29日

ブログ(通勤は短時間で…)を更新しました。

2017年10月17日

ブログ(スニーカー通勤を提唱)を更新しました。

2017年10月18日

ブログ(あなたのエントリーシート買います)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

副業禁止する企業には魅力なし?

このエントリーをお読みの方で、副業してる人っていますでしょうか?

働いている会社が、副業を禁止しているかどうか分からない方は、就業規則でご確認ください。
9月21日の日経夕刊から抜粋します。

 

 

副業禁止企業「魅力ない」 正社員の56% NPO調査

 


ここから

 

副業を認めない企業に魅力を感じない正社員が過半数――。社外活動の普及を目指しているNPO法人「二枚目の名刺」の調査でこんな結果が出た。

 

国内では副業を禁止する企業が多数を占めるが、副業をしている人と興味がある人が合わせて60%近くを占めた。同法人は「収入を増やすだけでなく、人生を豊かにするために副業をしようとする人が増えている」と分析する。

 

ここまで

 


私の周りの会社勤めしている友人・知人の中で、副業をしている人は、まずいないと思います。
それだけ、本業に専念しているということでしょうかね。
また、私たちの世代は、入社した会社で一意専心働くという考えの人が多いですからかね。

 

 

週末だけ、自分の趣味を生かして、何か副業でも…。
若い方には、そんな考え方の人が多くなっているのかもしれません。
そんな時代になってきたのですね。