就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2018年4月17日

ブログ(転職で賃金増広がる)を更新しました。

2018年4月20日

ブログ(セルフビズ)を更新しました。

2018年4月23日

ブログ(セクハラに立場の壁?)を更新しました。

2018年4月24日

ブログ(働く女性の28%がセクハラを経験)を更新しました。

2018年4月27日

ブログ(厚労省が再入社の制度化を要請へ)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

人手不足の対応策は?

人手不足の対応策は…調査によると、その答えは言わずもがな、女性とシニアとのことです。
9月28日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

人手不足、対応策は? 「女性・シニア確保」4割

 


ここから

 

地方企業が女性とシニアで人手を確保しようとしている。日本経済新聞社の「地域経済500調査」で人手不足対策を聞いたところ、約4割が「女性が働きやすい職場づくり」「高齢者の活用」を挙げた。一方、外国人の活用にはやや慎重な姿勢もみられた。

 

ここまで

 


最近の傾向からすると、女性とシニアの方で人手を充足させる方向性は当然のような気がします。

 

となると、やはり長時間労働の抑制、育児や介護にも対応した柔軟な働き方の設定等が必要です。

 

政府は、残業時間の上限設定をこれから行うでしょうし、度重なる育児・介護休業法の改正も行っています。

 

これらの変化の流れが速くて、なかなかついていけないところもありますが、いち早く取り入れて、社員が働きやすい環境を整えることが大切だと思います。