就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年12月7日

ブログ(来春闘もベア2%を求める)を更新しました。

2017年12月8日

ブログ(持ち帰り残業「ある」が3割)を更新しました。

2017年12月12日

ブログ(内定に大学の推薦状を要求)を更新しました。

2017年12月14日

ブログ(働き方改革「実感せず」が8割)を更新しました。

2017年12月15日

ブログ(労災保険料下げへ)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

未払賃金請求権の期間延長を検討

賃金に関して、インパクトがある記事のご紹介です。
11月19日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

未払い賃金請求、最長5年 厚労省方針 サービス残業抑制へ延長

 


ここから

 

厚生労働省は働き手が企業に対し、未払い賃金の支払いを請求できる期間を延長する方針だ。労働基準法は過去2年にさかのぼって請求できるとしているが、最長5年を軸に調整する。

 

サービス残業を減らし、長時間労働の抑制につなげる狙いだが、企業の負担を増やす面もある。厚労省は専門家や労使の意見を幅広く聞いて結論を出すことにしている。

 

ここまで

 

 

「未払い賃金」と記事に書かれていますが、もっとも影響があるのは残業代だと思います。

 

 

実際に残業をしているにもかかわらず、「うちは小さい会社だから残業は出ないよ」と言い切るような会社があります。
そのような会社で、「私、夜遅くまで残業しているのに、なんで残業代をもらえないの?」と裁判を起こされて、過去2年間分の残業代を支払わなければならない場合があります。

 

その遡及の期間が2年から5年へ延長することを検討しているとのことです。

 

会社がキチンと労働時間の管理をして、残業代を支払っていれば何の問題もないですけど…。

 

 

裁判で負けると、その未払いの額とは別に、同じ額の「付加金」というものの支払いを命じられることもあります。
つまり、2倍になるということですね。
残業代を支払わないことについて悪質な場合に限られるのでしょうが…。

 

 

こうなると、雪だるま式に未払い賃金の支払い額が増えます。
益々、時間管理の重要性を感じます。