就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2017年12月7日

ブログ(来春闘もベア2%を求める)を更新しました。

2017年12月8日

ブログ(持ち帰り残業「ある」が3割)を更新しました。

2017年12月12日

ブログ(内定に大学の推薦状を要求)を更新しました。

2017年12月14日

ブログ(働き方改革「実感せず」が8割)を更新しました。

2017年12月15日

ブログ(労災保険料下げへ)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

副業認めるモデル就業規則

副業を認める後押しが進んでいます。
11月21日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

副業を認める後押しが進んでいます。
11月21日の日経朝刊から抜粋します。

 


副業認める就業規則 厚労省、モデル改正案 中小へ普及見込む

 

 

ここから

 

厚生労働省は20日、企業が就業規則を制定する際のひな型となる「モデル就業規則」について、副業を認める内容に改正する案を有識者検討会に提示した。現在は原則禁止としているが、事前に届け出を行うことを前提に副業ができると明記した。中小企業のなかには自社の就業規則にモデル就業規則を転用する場合も多く、一定の普及効果を見込む。

 

副業・兼業やテレワークなどを議論する検討会で提示した。現在のモデル就業規則にある「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと」を削除した上で、「労働者は勤務時間外において他の会社等の業務に従事することができる」との規定を新設する。

 

ここまで

 


厚生労働省のホームページにあるものですが、モデル就業規則というものをご存知ですか?
労働者有利の内容になっている規定が見られ、会社はこれをそのまま使わない方がいい…なんてことをセミナーでよく聞きます。

 

 

このモデル就業規則に、副業を認める規定が盛り込まれるそうです
たしか、今春から盛り込むことが予定されていたと思いますが、ずれ込んでいるみたいですね。
今年度中には、盛り込まれるようです。

 

 

この副業で気を付けなければならないのは、どこかの事業所で副業をする場合です。

個人事業主として副業をするのであれば、原則として労働基準法の規制はありませんが、労働者として別の会社などで働く場合、労働基準法を意識する必要があります。
(労働基準法以外に、社会保険各法にもお気を付けください)

 

 

たとえば、いまの会社で一日8時間働いていて、その仕事の後に副業で夜2時間だけ仕事をする場合…
一日あたりの法定労働時間である8時間を超えるわけで、その夜の2時間の仕事には割増賃金が支払われなければなりません。
その副業先は、36協定の締結・届出も必要です。
これって、管理がわりと煩わしいと思います。

 

 

記事では、「(厚生労働省モデル就業規則では)事前に届け出を行うことを前提に副業ができると明記した」というように「届出制」としているようです。

 

私は、副業先の労働時間数やどのような業種・仕事の内容なのか等を鑑みて、副業を認めないことの権利を担保できる「許可制」にしておいた方がより良いと思います。