就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2018年11月1日

ブログ(仕事のメール、時間外は禁止)を更新しました。

2018年11月2日

ブログ(国家公務員にテレワークを推進)を更新しました。

2018年11月6日

ブログ(美術鑑賞で創造性を磨く)を更新しました。

2018年11月7日

ブログ(介護職4割「有給取れず」)を更新しました。

2018年11月9日

ブログ(長期失業者が最少)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

働き方改革「実感せず」が8割

新聞やウェブで「働き方改革」という文字をよく目にしますが、どのようにお感じですか?
12月7日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

日本能率協会 働き方改革「実感せず」8割

 


ここから

 

会社員1000人を対象にした調査で、働き方改革を実感していない人が8割超だったと明らかにした。

 

「有給休暇が取りにくい」「残業が減らない」といった労働時間に関連する理由が目立った。

 

働き方改革の第1段階として掲げられる例が目立つ、労働時間の削減にも至っていない場合が多いようだ。

 

ここまで

 


政府が旗を振る「働き方改革」。

 

企業も長時間労働の抑制や女性・高齢者が働きやすいようにと「働き方改革」に積極的です。

 

しかしながら、なかなか浸透しないようです。

 

「有給休暇が取りにくい」のは、職場の雰囲気の問題でしょう。
「残業が減らない」のは、生産性の向上がないとなかなか…。

 

 

トップダウンで「働き方改革」を行うだけではなく、ボトムアップで職場を巻き込んだ取り組みが必要なのでしょうね。