就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2018年4月17日

ブログ(転職で賃金増広がる)を更新しました。

2018年4月20日

ブログ(セルフビズ)を更新しました。

2018年4月23日

ブログ(セクハラに立場の壁?)を更新しました。

2018年4月24日

ブログ(働く女性の28%がセクハラを経験)を更新しました。

2018年4月27日

ブログ(厚労省が再入社の制度化を要請へ)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

通勤途中を喫煙禁止に

愛煙家の方には、住みにくい世の中になりました。
ネットニュースから抜粋します。

 

 

「すかいらーく」通勤途中の喫煙禁止に賛否両論…会社の対応に法的問題は?

 

 

ここから

 

ファミリーレストラン大手の「すかいらーくグループ」は12月1日から、従業員の通勤途中の喫煙を禁止をすると発表した。電気加熱式たばこも対象となる。

 

すかいらーく広報によると、対象は本社に勤務する従業員。本社内の喫煙スペースを全て廃止するほか、土日祝日を含めて、本社の最寄駅やバス停からの通勤路での歩きタバコ、会社周辺のコンビニ前など、屋外施設での喫煙を禁止するといった社内通知を出した。違反を確認した場合、注意はするが罰則は設けず、「注意喚起」といった禁煙推奨の意味合いが強いという。

 

ここまで

 


「注意はするが罰則は設けず」というところがミソです。

 

 

記事で言う「罰則」というのは、就業規則における「懲戒」のことでしょう。
社員が悪事をはたらいた場合、会社は始末書を書かせたり、減給や出勤停止、最悪の場合には懲戒解雇することができます。

 

これは、基本的には、仕事中での出来事に対して行うことができます。
仕事以外の私生活の場面でも、会社の信用を損なったり、秩序を乱した場合には、懲戒できると言われています。

 

 

さて、通勤途中における喫煙禁止…。
通勤は仕事中ではないので、懲戒できないことは当然でしょう。
逆に、このような注意喚起を出したのだから労働時間になるんじゃないのと考える人もいるかもしれません。
ですが、仕事に対する拘束はないでしょうから、それもあり得ないと思います。

 

 

このネット記事の弁護士さんは、以下の見解を書かれています。

 

「会社が本来労働時間外の時間である通勤時間について、社員の喫煙を禁止すること自体には問題がないとは言えません。
会社は、本来自由であるべき社員の私生活上の行為について制約を課すことはできず、会社の社会的評価に重大な悪影響を与える行為等について例外的に制約を課すことができるに過ぎません。喫煙行為は、本来自由になしえるものであり、労働時間外における喫煙行為を『禁止』まですることは行き過ぎた制約と考えます」

 

おっしゃる通りだと思います。
喫煙される方は肩身が狭くなってきていますが、基本的には自由になし得ることだと思います。

だからこそ、この会社さんは罰則なしにしているのでしょう。

 

 

では、この事例で罰則(懲戒)を与えるとしていた場合はどうでしょう?

 

弁護士さんの見解は、以下の通りです。

 

「社員が通勤時間中の喫煙禁止命令に違反したことに対し、会社が懲戒処分を行うと、本来企業秩序を維持するための制度である会社の懲戒権を濫用したものとして無効とされる可能性が極めて高いでしょう」

 

私もそのように思います。
だからこそ、この通勤途上の喫煙禁止は「注意喚起」であり、「禁煙推奨」にとどまらざるを得ないのでしょうね。