就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2018年4月17日

ブログ(転職で賃金増広がる)を更新しました。

2018年4月20日

ブログ(セルフビズ)を更新しました。

2018年4月23日

ブログ(セクハラに立場の壁?)を更新しました。

2018年4月24日

ブログ(働く女性の28%がセクハラを経験)を更新しました。

2018年4月27日

ブログ(厚労省が再入社の制度化を要請へ)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

イクメンほど仕事にやりがいあり

育児に積極的にかかわる男性ほど、仕事にもやりがいを感じる確率が高いそうです。
1月8日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

積極的に育児する男性 仕事でもやりがい大きく

 


ここから

 

育児に積極的にかかわる「イクメン」男性ほど仕事にもやりがいを感じていることが、厚生労働省の調査でわかった。

 

「育児に十分関われているか」という問いに「そう思う」と答えた男性のうち、半数以上が仕事にやりがいを「感じる」と答えた。一方で育児の関わりに「そう思わない」と答えた男性で仕事にやりがいを「感じる」としたのは2割程度にとどまった。

 

ここまで

 


「育児に関わることができている」人は、仕事にやりがいを感じる人が多い…。
一方で、「育児に関われていない」人は、仕事にやりがいを感じる人が少ない…。
このような調査結果です。

 


何事にも積極的にかかわることができるからこそ、仕事にもやりがいを感じているのでしょう。

 

 

「育児休業を取得したい」「育児をしたいので、仕事量の調整をお願いしたい」と申し出る男性がいた場合、それを尊重すべきかもしれません。
そういう人こそ、仕事にやりがいを感じてくれている確率が高いのですから…。
そういう人は仕事でも結果を残してくれるのではないでしょうか?