就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2018年6月4日

ブログ(定年後再雇用、格差を容認)を更新しました。

2018年6月5日

ブログ(わずか5分で内定も)を更新しました。

2018年6月11日

ブログ(こんな有休制度作りました)を更新しました。

2018年6月14日

ブログ(部下をモヒカン刈り)を更新しました。

2018年6月15日

ブログ(66歳以上でも働ける企業が増加)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

働く女性の「活躍進んだ」2割

女性の社会進出が高まる中でも、活躍まではなかなか?
1月15日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

働く女性2000人意識調査「活躍進んだ」2割

 


ここから

 

女性の活躍が政府の成長戦略に位置づけられた2013年以降、職場で「活躍が進んだ」と実感を持つ女性は2割にとどまることが日本経済新聞社の調査で分かった。男性中心の組織風土や、育児との両立の難しさが課題だと感じる人が多い。企業は女性社員の育成・登用に力を入れるが、女性が力を発揮しやすい環境整備は道半ばだ。

 

ここまで

 

 

記事には、企業規模が大きいほど、取組みの進展を実感している比率が高いと書かれてありました。

 

 

女性活躍推進法」という法律があります。
その法律で、301人以上の規模の会社では「一般事業主行動計画」というものを策定して、女性の活躍の状況の公表や、計画目標を定めること等が義務付けられています。

 

 

大企業は公表しなければならないわけですから、必然的に取組みが進むわけですね。

 

中小企業さんに頑張っていただきたいのですが、今後の課題ですね。