就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2018年10月11日

ブログ(労働条件の通知、メールで可能に)を更新しました。

2018年10月12日

ブログ(65歳以上雇用へ法改正を検討)を更新しました。

2018年10月15日

ブログ(兼業・副業「許可せず」75%)を更新しました。

2018年10月16日

ブログ(無期雇用派遣が広がる)を更新しました。

2018年10月18日

ブログ(厚生労働省がパワハラ相談体制を拡充)を更新しました。

2018年10月19日

ブログ(保育所利用の落選狙いが横行)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

年金受給開始70歳超も

タイトルだけを見ると、「えっ?年金の受給が70歳から?」と驚きそうになります…。
1月17日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

年金受給開始70歳超も 政府検討 選択制、額は上乗せ 高齢者に就労促す

 

 

ここから

 

政府は公的年金の受け取りを始める年齢について、受給者の選択で70歳超に先送りできる制度の検討に入った。

 

年金の支給開始年齢を遅らせた人は毎月の受給額が増える制度を拡充し、70歳超を選んだ場合はさらに積み増す。

 

高齢化の一層の進展に備え、定年延長など元気な高齢者がより働ける仕組みづくりも進める方針だ。2020年中にも関連法改正案の国会提出を目指す。

 

ここまで

 

 

老齢年金の受給開始年齢を引き上げるというお話しではありません。

 

 

老齢年金は65歳から受給できるということが原則です。
例外として、早くて60歳から受けることもできますし、遅くて70歳から受けることもできます。
前者を繰上げ支給、後者を繰下げ支給と言います。

 

 

繰上げ支給を受けると、永遠に年金額は少ない金額(65歳より前倒した1ヵ月につき0.5%)になります。
一方で、繰下げ支給を受けると、永遠に年金額は多い金額(66歳以降1ヵ月につき0.7%)となります。

 

 

繰下げ支給を希望し、70歳から年金を受けると、65歳から受けた場合と比較して42%割増し(0.7%×60ヵ月)の年金額となります。

 

 

この繰下げ支給を70歳超でもできるようにしようというのが、この記事の内容です。
しかも、割増率を0.7%よりも高い率を検討しているようです。

 

 

2015年度の老齢基礎年金の受給者2974万人のうち、繰り下げ受給は38万人で、その率は約1.3%です。
この数字を見ると、70歳超の新制度を創設するよりも、66歳以降70歳以前で繰下げ支給できる現制度の浸透に力を入れてはという感じがします。

 

 

それにしても、70歳以降になっても年金を温めておこうとする人っているのでしょうか。
自分がその年齢にならなければ分かりませんかね。