就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2018年10月11日

ブログ(労働条件の通知、メールで可能に)を更新しました。

2018年10月12日

ブログ(65歳以上雇用へ法改正を検討)を更新しました。

2018年10月15日

ブログ(兼業・副業「許可せず」75%)を更新しました。

2018年10月16日

ブログ(無期雇用派遣が広がる)を更新しました。

2018年10月18日

ブログ(厚生労働省がパワハラ相談体制を拡充)を更新しました。

2018年10月19日

ブログ(保育所利用の落選狙いが横行)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

がん診断、3割退職

病気の治療と仕事の両立は、難しいのでしょうか?
1月11日の日経夕刊から抜粋します。

 

 

がん診断、3割退職

 


ここから

 

2013年の厚生労働省委託調査によると、企業に勤めるがん患者の30%が診断後に依願退職し、4%が解雇された。

 

NPO法人「がん患者団体支援機構」などによる別の調査でも、患者の平均年収は約395万円から診断後に約167万円まで半減した。

 

がん患者の就労支援に関する同省検討会が14年8月にまとめた報告書でも企業側の配慮や協力を求めることに加えて、「診療時間が平日昼間に限られ、就労を犠牲にせざるを得ない」と診療体制の問題を指摘。「平日夜間や土曜休日など選択肢が広がるがん医療の取り組みが求められる」と提言した。

 

ここまで

 


会社が従業員を雇い入れる際には、労働契約を結びます。
そんな契約は結んだ記憶がないという人がいるかもしれませんが、会社で働いて給料をもらうこと自体が労働契約なわけです。
この労働契約を結びますと、それに付随して会社には「安全配慮義務」という義務が生じます。

 

 

安全配慮義務は、労働契約法5条に規定されており、以下の通りです。
「使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする。」

 

がん患者の方が、仕事をしながら通院しやすい環境を作ることも会社の務めと解釈すべきなのかもしれません。

 

 

がん患者の30%が依願退職しているということです。
心身ともに良好でなく仕事ができないのか、それとも仕事を続けられるものの会社に迷惑をかけるから身を引いたのか…。
特に後者の場合、仕事を継続できる枠組み作りが社会的にも要請されるのかもしれません。