就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2018年5月11日

ブログ(サービス残業が2割減)を更新しました。

2018年5月14日

ブログ(睡眠不足が招く生産性低下)を更新しました。

2018年5月15日

ブログ(ハラスメント保険)を更新しました。

2018年5月16日

ブログ(銀座の夜も働き方改革)を更新しました。

2018年5月17日

ブログ(新入社員、辞めないで)を更新しました。

2018年5月22日

ブログ(地域限定社員を選択可)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

働き方改革に対する世論調査

内閣支持率に関する世論調査の中から、働き方改革に関する調査結果をご紹介します。
1月29日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

「脱時間給」法案は賛否拮抗

 


ここから

 

日本経済新聞社とテレビ東京による26~28日の世論調査で、(途中略)政府が通常国会に提出する働き方改革関連法案で、働いた時間ではなく成果に応じて賃金を払う「脱時間給制度」を導入することに賛成が42%、反対が39%と拮抗した。

 

働き方改革法案に盛り込む繁忙月に認める残業時間を「100時間未満」とする方針には「妥当だ」が41%、「もっと短い方がよい」が39%と拮抗。「もっと長い方がよい」は7%だった。

 

政府は公的年金について、受給開始を70歳より遅らせると毎月の受給額が今よりも増える制度を検討する。この制度に反対が53%で、賛成の31%を上回った。

 

ここまで

 


私なりの意見を考えてみました…。

 

 

1.脱時間給制度


高収入であることに加えて、職種も限定され、対象がかなり絞られます。
とりあえず制度を作って、数年かけてそこから対象を広げていくのかと思います。
私は、専門業務型と企画業務型裁量労働制の適用範囲を広げることでいいのではないかと思います。
ただ、脱時間給制度であれば、休日と深夜業までも制限がかからなくなるという違いがありますが…。

 

 

2.繁忙月の残業時間「100時間未満」

 

過労死ラインが100時間や80時間と言われる中、逆に100時間程度までの残業を法律で認めることになりかねません。
私は、もっと短くするべきだと思います。

 

 

3.公的年金の受給開始を70歳より遅らせると受給額が増える制度

 

この制度を利用する人が本当にいるのか甚だ疑問です。
この制度を利用するかどうかは受給者の自由なので、ことさら反対するわけではないですが…。