就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2018年9月13日

ブログ(退職者をAIで予測)を更新しました。

2018年9月19日

ブログ(厚生年金のパート適用拡大を検討)を更新しました。

2018年9月20日

ブログ(パワハラ対策を法整備か?)を更新しました。

2018年9月21日

ブログ(サービス業従業員への迷惑行為)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

採用にAI

採用手法の決め手となるのでしょうか?
1月29日の日経夕刊から抜粋します。

 

 

採用にAI、ミスマッチ解消 人には見抜けぬ能力評価

 


ここから

 

企業の採用に人工知能(AI)を使う動きが出てきました。採用した人材が期待した働きをしてくれない。せっかく採用した若者が「思っていたのと違った」と辞めてしまう。こんなミスマッチを解消する狙いです。

 

教育支援ベンチャーのIGSはAIを活用して性格や行動特性を診断するアプリを開発しました。採用に応募した学生にスマートフォン上で自分の考え方や行動パターンに近い選択肢を選んでいってもらうと、創造性や決断力、論理的思考、課題設定といった項目ごとに特性を数値化します。友人ら数名にも応募者を評価してもらい、スコアに反映します。

 

ここまで

 


私は人事の仕事の中でも、採用業務を行うことが多かったです。
入社してすぐに辞められたときのあの虚脱感は、なかなか言葉では言い表せません。

 

 

社外の各種適性検査を駆使するものの、ミスマッチを減らすことはなかなか難しかったのが正直なところです。
「みんなが納得した上で、人を採用しよう」ということで、いくつかの面接段階を設定したり、配属先の部門長を必ず面接官とする等の当たり前のことはしていたのですが…。

 

 

さて、人工知能(AI)はどこまでミスマッチを解消してくれるのでしょうか?
いまの世の中にある適性検査と何が違うのでしょうね。
AIが採用にどこまで貢献できるのか、個人的に楽しみです。