就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2018年2月8日

ブログ(非正規社員にも手当支給要求)を更新しました。

2018年2月9日

ブログ(働き方改革、準備を考慮 )を更新しました。

2018年2月16日

ブログ(通勤中に業務災害)を更新しました。

2018年2月19日

ブログ(働き方法案に火種)を更新しました。

2018年2月22日

ブログ(育児社員の同僚に手当)を更新しました。

2018年2月23日

ブログ(派遣社員を評価)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

国民年金「前納」で安く

国民年金の保険料を安上がりに…。
2月5日の日経夕刊から抜粋します。

 

 

国民年金「前納」で安く 保険料2年まとめ払い 1カ月分節約

 


ここから

 

自営業者やフリーランス、学生らが加入する国民年金の保険料は1カ月当たり1万6340円(2018年度)。老後に年金をもらうために必ず払いたいが、年間では20万円近くになり負担は大きい。この保険料をまとめて前払いすると安くなるのが「前納割引制度」だ。払い方によって割引額が異なるので自分に合った方法を選びたい。

 

ここまで

 


記事にあるような自営業者、フリーランス、学生(20歳以上)の場合、国民年金に加入します。
会社勤めの方は、厚生年金保険に加入しますから、(当たり前ですが)国民年金の保険料は払う必要がありません。

 

 

さて、国民年金の保険料ですが、安上がりにする方法があります。
一番安上がりなのは、「前納」…つまり、将来の保険料を前払いするのです。
しかも、できる限り長期に…最高で2年間分を前払いできます。
これを「2年前納」と呼びます。

 

 

「2年前納」…つまり、2年分(24ヵ月分)まとめて支払うと、約1ヵ月分節約できる程度の保険料となります。
ただし、37~38万円程度の保険料を一度に納めることとなります。

 

 

2年前納の手続きの期限は毎年2月末で、手続きは年金事務所にて…。
手続き方法および保険料の金額等につきましては、念のため年金事務所へご確認くださいませ。