就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2018年2月8日

ブログ(非正規社員にも手当支給要求)を更新しました。

2018年2月9日

ブログ(働き方改革、準備を考慮 )を更新しました。

2018年2月16日

ブログ(通勤中に業務災害)を更新しました。

2018年2月19日

ブログ(働き方法案に火種)を更新しました。

2018年2月22日

ブログ(育児社員の同僚に手当)を更新しました。

2018年2月23日

ブログ(派遣社員を評価)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

働き方改革、準備を考慮

働き方改革の施行時期が、後ろにずれそうです。
2月8日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

働き方改革、準備を考慮 厚労省修正案、自民に提示

 


ここから

 

厚生労働省は7日、働き方改革関連法案の柱である残業時間の上限規制と同一労働同一賃金について、中小企業は当初の予定から適用をいずれも1年間遅らせる修正案を自民党に示した。上限規制は2020年度、同一賃金は21年度から実施する。大企業も同一賃金は1年遅らせて20年度にする。企業が対応するためには十分な準備期間を設ける必要があると判断した。

 

法案に含まれる中小企業の残業代の割増賃金率の引き上げも23年4月に1年遅らせる。

 

ここまで

 


今通常国会で法案が成立すればという前提ですが、働き方改革の各種施策の施行を後ろにずらす模様です。

 

 

記事に掲載されている各施策について、整理してみましょう。

 

 

1.長時間労働の是正(時間外労働の上限規制)
大企業:2019年度から
中小企業:2020年度から

 

2.同一労働同一賃金
大企業:2020年度から
中小企業:2021年度から

 

3.月60時間を超える時間外労働に係る割増賃金率アップ(50%以上)
大企業:すでに施行済み
中小企業:2023年度4月から

 

 

月60時間超える時間外労働の割増率アップは、ずっと先ですね。
胸をなでおろす中小企業経営者さんが多いかも?