就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2018年7月5日

ブログ(厚生労働省が兼業の労災給付を議論)を更新しました。

2018年7月6日

ブログ(働き方改革法が成立)を更新しました。

2018年7月9日

ブログ(外国人就労に適性試験)を更新しました。

2018年7月13日

ブログ(仕事は人並みで十分)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

派遣社員を評価

派遣社員の評価制度は珍しいかも?
2月19日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

パーソルテンプ、派遣社員を10段階評価 企業から聞き取り

 


ここから

 

パーソルテンプスタッフは5月、派遣社員の評価制度を導入する。派遣先企業に求めている業務レベルに達しているかどうかなどを10段階で聞き取り、派遣社員に伝える。評価されているスキルなどが把握できるようになり、派遣社員の生産性向上などにつながる。一般事務派遣で派遣社員の評価制度を導入するのは珍しい。

 

新制度では、派遣先企業と初めて契約を交わす際に派遣社員に求める業務内容を聞き取り、基準を設定する。派遣社員も同様、派遣前に目標を設定する。

 

パーソルの担当者は8カ月に1回の頻度で派遣先企業に派遣社員の成果などを聞き取り、業務の正確さや業務の処理量など7つの項目でそれぞれ10段階の評価を決定。派遣社員に伝える。

 

新制度は派遣社員の待遇とは連動させないが、派遣先の求める水準を超える派遣社員が増えれば、派遣料金の改定につながりやすくなる。派遣社員の時給の上昇など待遇改善にも間接的に寄与するとみている。

 

ここまで

 


この評価制度は、直接的に処遇の改善に寄与するわけではなさそうです。

 

まずは、生産性が上がることで、派遣料金のアップにつながり、それが待遇改善につながる…このような図式ですね。

 

 

自分の仕事が派遣先でどのように評価されているかが分かり、どういったスキルを伸ばせばより貢献できるかが分かります。

 

磨くべきスキルがピンポイントで分かりそうで、生産性の向上につながりそうです。