就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2018年5月15日

ブログ(ハラスメント保険)を更新しました。

2018年5月16日

ブログ(銀座の夜も働き方改革)を更新しました。

2018年5月17日

ブログ(新入社員、辞めないで)を更新しました。

2018年5月22日

ブログ(地域限定社員を選択可)を更新しました。

2018年5月24日

ブログ(バイトの時給が上昇)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

M字カーブほぼ解消

女性の就業状況が変わりつつあります。
2月23日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

M字カーブほぼ解消女性、30代離職減る

 


ここから

 

女性が出産や育児によって職を離れ、30代を中心に働く人が減る「M字カーブ現象」が解消しつつある。働く意欲のある女性が増え、子育て支援策が充実してきたのが背景だ。人手不足下の景気回復で、企業が女性の採用を増やしている面もある。ただ男女の賃金や非正規比率にはなお差があり、女性の処遇改善は課題として残る。

 

ここまで

 


私が幼かったころ、お母さんが昼間に働いていることは珍しかったように思います。
お母さんが働きに出かけているため、学校へ家の鍵を持参している子供を「かぎっ子」と呼んだものです。

 

 

30~34歳の女性の労働力率は30年前に5割程度だったのが、ここ数年で急上昇し、2017年には75.2%になったとのことです。
大きな社会変化だと思います。

 


女性の社会進出が上向いてくると、次は記事にあるような非正規社員への処遇改善が課題となります。
これが、今国会で議論される「同一労働同一賃金」へとつながるわけです。