就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2018年4月16日

ブログ(広がるネット面接)を更新しました。

2018年4月17日

ブログ(転職で賃金増広がる)を更新しました。

2018年4月20日

ブログ(セルフビズ)を更新しました。

2018年4月23日

ブログ(セクハラに立場の壁?)を更新しました。

2018年4月24日

ブログ(働く女性の28%がセクハラを経験)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

3年勤務ごとに休暇1ヵ月を付与

長期休暇を取得できる制度のお話しです。
3月7日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

3年勤務ごとに休暇1カ月OK

 


ここから

 

求人サイト運営のアトラエは3年勤務するごとに1カ月間の長期休暇を取得できる制度を新設する。リフレッシュ期間を設けて労働生産性や社員の定着率向上につなげる狙い。こうした長期休暇は欧州の企業では導入が進んでいるが、日本ではヤフーなどわずかにとどまる。

 

「サバティカル休暇」と呼ばれる長期休暇の制度を導入する。海外での短期留学やボランティア、育児・介護など用途は問わず、全社員・役員に有給休暇として付与するのが特徴だ。法定の年次有給休暇に上乗せし、その取得を必須にする。

 

ここまで

 

 

永年勤続表彰で長期の休暇を取得できる制度を聞くことはあります。
この記事は、3年ごとに1ヵ月の休暇を取得でき、しかも取得が必須というのですからすごい!

 

 

自分が会社勤めをしていた経験で申しますと、社員に1ヵ月も休まれると仕事に穴が開いて困る…そんなネガティブな発想になってしまいます。

 

 

この会社はそのような発想ではなく、労働生産性や社員の定着率向上につなげるためとポジティブです。
1ヵ月休むためには、自分の仕事を整理して、人に引き継ぐ必要があり、それこそが仕事の棚卸となり、無駄を省くことも期待できそうです。