就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2018年11月1日

ブログ(仕事のメール、時間外は禁止)を更新しました。

2018年11月2日

ブログ(国家公務員にテレワークを推進)を更新しました。

2018年11月6日

ブログ(美術鑑賞で創造性を磨く)を更新しました。

2018年11月7日

ブログ(介護職4割「有給取れず」)を更新しました。

2018年11月9日

ブログ(長期失業者が最少)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

中小企業の利益は従業員へ

中小企業の雇用努力の表れでしょうか?
3月13日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

中小の利益配分、「従業員に還元」初首位 17年度、内部留保上回る

 


ここから

 

財務省と内閣府が12日発表した1~3月期の法人企業景気予測調査によると、2017年度に稼いだ利益の配分(複数回答)について、中小企業で「従業員への還元」との回答が58.6%となった。前年度(54.6%)から上昇し、初めて1位になった。今までトップだった「内部留保」は前年度の58.3%から54.4%に下がった。人手不足を受けた賃上げ機運の高まりがうかがえる。

 

中小企業を業種別にみると、非製造業は「従業員への還元」と回答した割合が57.6%。前年度まで1位だった内部留保は55.5%で、初めて順位が逆転した。製造業は従業員への還元が63.1%で、13年度の調査以来5年連続で1位だった。

 

ここまで

 

 

利益が出たら…
「従業員へ還元する」、「内部留保する」、「設備投資する」、「株主へ還元する」、「研究開発に回す」なんてことを考えると思います。

 

 

儲かったら社員に還元することが大切なのでしょうが、一方で将来に備えて貯めておきたい(「内部留保」)のも正直なところだと思います。

 

 

中小企業で初めて「従業員への還元」がトップになったということは、時期的にも昨今の人手不足が大きく影響しているのでしょうね。