就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2018年12月5日

ブログ(医師の勤務間隔を確保へ)を更新しました。

2018年12月6日

ブログ(正社員の待遇下げは回避を)を更新しました。

2018年12月7日

ブログ(退職日は月末前がお得?)を更新しました。

2018年12月11日

ブログ(訪問介護のセクハラ根深く)を更新しました。

2018年12月12日

ブログ(有休取得、日本が最下位)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

広がるネット面接

面接の手法が変わりつつあるようです。
4月6日の日経夕刊から抜粋します。

 

 

就活 広がるネット面接 地方の学生、お金や時間節約/「手応え薄い」戸惑いも

 

 

ここから

 

2019年春入社の大学生に向けた採用活動で、インターネット動画を使った面接が広がっている。企業を訪問する必要がなく、地方の学生にとって交通費や時間の節約につながる。選考を受けやすくなり選択肢が広がる一方で、画面を通したやり取りに「面接官の反応が分かりにくい」との戸惑いの声も上がっている。

 

明治大の大学4年の男子学生(21)は昨年12月、都内の自宅でネット無料通話サービス「スカイプ」を通じ、都内のIT企業の採用面接を受けた。「学生時代に力を入れたことは」と問いかける画面の向こう側の採用担当者に回答した。

 

会社オフィスでの対面式も選択できたが「少しでも交通費を節約したかった」とネット面接を選んだという。

 

ここまで

 


記事では、ネットを経由した面接以外に、オンラインでやりとりしない「録画面接」の導入も相次いでいると書かれていました。

 

 

このような「ネット面接」や「録画面接」ってどうなんでしょうね。

 

面接の部屋に入って来た時、まさしく初めてお会いした時の雰囲気っていうのは、評価のうちの一つになろうかと思います。
魅力的な人物の場合、部屋の空気が変わることもありますからね。

 

また、新卒採用の場合、一回の面接で学生5人程度を見ることが多く、他の学生が応答している時の態度や面接の流れの中で自分をどのように表現できるかということも評価の対象になると思います。

 

 

一方で、地方の学生の方は時間と交通費を節約できます。
大勢の学生に会ってみたいという会社では、この方法が適しているのかもしれません。

 

 

いずれにせよ、紙の履歴書を読んで、対面で面接をする…このような形で面接をやってきた会社は時代に遅れつつあるのかもしれません…。