就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2018年9月13日

ブログ(退職者をAIで予測)を更新しました。

2018年9月19日

ブログ(厚生年金のパート適用拡大を検討)を更新しました。

2018年9月20日

ブログ(パワハラ対策を法整備か?)を更新しました。

2018年9月21日

ブログ(サービス業従業員への迷惑行為)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

働く女性の28%がセクハラを経験

昨日、セクハラの対象(「職場」とは…)について書きました。
今日はどのようなセクハラが行われているかについて書きます。
4月21日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

働く女性の28%が経験 労働局に相談、年間1万件

 


ここから

 

独立行政法人「労働政策研究・研修機構」が16年に公表した全国6500社で働く25~44歳の女性約2万6千人を対象に実施したセクハラに関する調査によれば、セクハラ被害の経験があると回答した人は28.7%だった。

 

相手は「職場の直属の上司」が24.1%で最多。「同僚、部下」(17.6%)、「別の部署の社員」(12%)が続いた。「取引先や顧客など」も7.6%あった。

 

セクハラの態様(複数回答)は「容姿や年齢、身体的特徴について話題にされた」が53.9%。「不必要に体に触られた」が40.1%、「性的な話や質問をされた」が38.2%だった。セクハラを受けた後の対応で「加害者に抗議した」は10.2%どまり。「我慢した、特に何もしなかった」が63.4%で最も多かった。

 

ここまで

 


記事を基に、セクハラの態様を以下にまとめました。

 

容姿や年齢、身体的特徴について話題にされた 53.9%
不必要に体に触られた 40.1%
性的な話や質問をされた 38.2%
結婚、子供の有無など私生活について必要以上に質問された 36.8%
酒席などでお酌やデュエットを強要された、席を指定された 35.2%
「女の子」「おばさん」などと呼ばれた 31.3%
性的関係を求められた 16.8%

 

 

正直、「これがセクハラ?」と思うものが無くもないように思えます。

 

 

気を付けなければならいのは…


パワハラは「相手がパワハラと感じた」からパワハラになるのではなく、「業務の適正な範囲」を超えているかどうかで判断される一方、セクハラは「相手が、そうと感じた」ら原則としてセクハラに該当する可能性が高いです。

 

つまり、行為者が「これがセクハラ?」と思えても、「相手が、そうと感じた」らセクハラとなる可能性が高いということです。

 

 

セクハラを受けた人が「加害者に抗議した」は10.2%どまりで、「我慢した、特に何もしなかった」という言わば泣き寝入りは63.4%とのこと。

なかなか訴えづらい状況なのでしょう。

 

上記のような行為があり、それに対し抗議や訴えがなかったとしても、必ずや職場の雰囲気は悪くなっているのだろうと思います。