就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2018年6月11日

ブログ(こんな有休制度作りました)を更新しました。

2018年6月14日

ブログ(部下をモヒカン刈り)を更新しました。

2018年6月15日

ブログ(66歳以上でも働ける企業が増加)を更新しました。

2018年6月21日

ブログ(副業月額「1~3万円」が最多)を更新しました。

2018年6月22日

ブログ(雇用保険が育休へシフト)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

部下をモヒカン刈り

強烈なパワハラ記事のご紹介です。
6月12日の毎日新聞のネットニュースから抜粋します。

 

 

部下をモヒカン刈り 消防署前副署長を懲戒免職

 


ここから

 

奈良県広域消防組合は11日、部下をモヒカン刈りにするパワハラや備品の私的流用、不適切な会計処理などがあったとして、橿原消防署の前副署長(53)を懲戒免職処分にした。関与や監督責任を問い、他の幹部ら6人も減給などの処分にした。

 

組合によると、前副署長は昨年11~12月、組合の食堂で私物の電動バリカンを使い、20代~50代の署員5人の髪を刈り、うち1人はモヒカン刈りにした。「職責のつもりで声を掛けたが、悪ふざけが過ぎた」と釈明しているが、組合側はパワハラと認定した。

 

ここまで

 


上司が部下を電動バリカンで5人の髪を刈り、うち一人がモヒカン刈りにされたと…。
行為者は53歳の消防署の前副署長。

 

 

5人がどんなことをしたのか分かりませんが、注意すれば足ります。
5人が悪質な行為をしたのであれば、その5人を適正に懲戒すればよいわけで…。

 

それが、髪の毛を刈ってしまった…。

 

「悪ふざけが過ぎた」とのことですが、53歳がこんな悪ふざけをする?

 

 

セクハラやパワハラといったハラスメントの事例は、最近では民間よりもお役所で起こっていることが多いような気がします。

そういった報道が多いせいでしょうか…。

 

 

前副署長はこのパワハラ以外に、署の備品の草刈り機を無断で自宅に持ち帰って使ったり、請求書の品目を書き換えさせて空気清浄機を購入したりしていたとのことです。

 

 

これまでに、この前副署長を指導できなかったのかとも思いますけど、悪質なパワハラや窃盗などは懲戒解雇でやむなしと思います。