就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2018年11月6日

ブログ(美術鑑賞で創造性を磨く)を更新しました。

2018年11月7日

ブログ(介護職4割「有給取れず」)を更新しました。

2018年11月9日

ブログ(長期失業者が最少)を更新しました。

2018年11月15日

ブログ(中小企業の4人に1人「年休取得ゼロ」)を更新しました。

2018年11月16日

ブログ(AIがアルバイト面接)を更新しました。

2018年11月20日

ブログ(ブラックインターンシップ)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

「いじめ・嫌がらせ」最多

厚生労働省が、昨年度の「個別労働紛争解決制度」の実施状況を公表しました。
6月28日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

「いじめ・嫌がらせ」最多 昨年度の個別労働紛争相談

 


ここから

 

厚生労働省は27日、労働者と企業間のトラブルを裁判に持ち込まず迅速に解決する「個別労働紛争解決制度」の2017年度の実施状況を公表した。民事上の個別労働紛争相談件数は前年度比1%減の25万3005件。内訳ではパワーハラスメントを含む「いじめ・嫌がらせ」は同1.6%増の7万2067件で6年連続で最多だった。

 

民事上の相談件数では、いじめ・嫌がらせ以外では「自己都合退職」が3万8954件、「解雇」が3万3269件と続いた。

 

厚労省の労働紛争処理業務室は「パワハラへの関心が高まるなか、労働者が自身への対応について積極的に相談しようという雰囲気が高まっているのでは」と分析している。

 

ここまで

 


ここ数年、いじめ・嫌がらせの相談が多いみたいですね。
つまり、ハラスメントです。

 


ハラスメントは、やっている側が気付いていないことがあります。
ですので、まず行為者に対して「やめてください」とストップをかける行為をしなければならないです。
それは、なかなか難しいのが現実かもしれないです。

 

それができない場合、厚生労働省(労働基準監督署)の力と言いますか、お知恵をお借りすることになるのでしょうね。

 

 

「個別労働紛争解決制度」のHPを貼っておきます。
https://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaiketu/

 

 

厚生労働省が手伝ってくださる制度は、以下の3つです。
1.総合労働相談コーナーにおける情報提供・相談
2.都道府県労働局長による助言・指導
3.紛争調整委員会によるあっせん

 

2と3はよく分からない方が多数いらっしゃると思います。
労務関係でお困りの方は、まずは1の相談をしてみることを強くお勧めします。