就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2018年9月13日

ブログ(退職者をAIで予測)を更新しました。

2018年9月19日

ブログ(厚生年金のパート適用拡大を検討)を更新しました。

2018年9月20日

ブログ(パワハラ対策を法整備か?)を更新しました。

2018年9月21日

ブログ(サービス業従業員への迷惑行為)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

働き方改革法が成立

6月29日、働き方改革関連法が成立しました。
6月30日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

迫られる生産性革命 働き方改革法が成立

 


ここから

 

政府が今国会の最重要法案と位置づけた働き方改革関連法が29日の参院本会議で可決、成立した。日本の企業に多かった無駄な残業をなくし、時間ではなく成果を評価する働き方に一歩近づく。企業は欧米と比べて低い水準にとどまる生産性の向上に取り組まなければ、新しい働き方の時代に成長が望めなくなる。

 

ここまで

 


企業が取り組むべき課題と導入スケジュールは、以下の通りです。

 


残業時間の上限規制(残業を年720時間以内、月100時間未満に)
大企業  2019年4月から
中小企業 2020年4月から

 

 

脱時間給制度の創設(高収入の一部専門職は働いた時間でなく成果で評価)
2019年4月

 

 

同一労働同一賃金の実現(正規と非正規の不合理な待遇差を解消)
大企業  2020年4月から
中小企業 2021年4月から

 

 

中小企業では、脱時間給制度はあまり関係ないように思います。

 


長時間労働が恒常的に発生していたり、契約社員やパート社員という雇用形態のある中小企業では、少しずつ対応を考えていかなければなりません。