就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2018年12月5日

ブログ(医師の勤務間隔を確保へ)を更新しました。

2018年12月6日

ブログ(正社員の待遇下げは回避を)を更新しました。

2018年12月7日

ブログ(退職日は月末前がお得?)を更新しました。

2018年12月11日

ブログ(訪問介護のセクハラ根深く)を更新しました。

2018年12月12日

ブログ(有休取得、日本が最下位)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

定年後も働きたい

高年齢者の就業意欲に関するアンケートのご紹介です。
7月17日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

「定年後も働きたい」50~64歳正社員の8割

 

 

ここから

 

定年前の50~64歳の正社員のうち約8割の人が定年後も「働きたい」と希望していることが明治安田生活福祉研究所の調査で分かった。だが男女とも2割前後は「働きたいが働けない状況」と答えていた。働きたい理由としては「日々の生計維持のため」がトップで50代男女では約7割を占めた。「働きたくない」は男女とも約2割だった。

 

同研究所は「子供の進学費や住宅ローンがかさむ中、老後の収入を不安視する人が多いのでは」と指摘している。

 

ここまで

 


8割もの人が定年後も働きたいと考えているとのこと。

この「8割」という数字は、大きな数字だと思います。

 

 

一般に、定年は60歳という会社が多いと思います。


高年齢者雇用安定法という法律で、定年を過ぎても原則65歳までの雇用が義務化されています。
それに乗っかって、年金が支給される65歳まで働こうと思っている人が多いのでしょう。

 

 

働きたい理由は、生計維持のためがトップです。

 

「定年後も働きたい」というより、「定年後も働かざるを得ない」というのが正直なところかもしれないですね。