就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2018年8月3日

ブログ(最低賃金を26円引き上げへ)を更新しました。

2018年8月7日

ブログ(エスパルス元社員着服)を更新しました。

2018年8月8日

ブログ(レジの計算合わず給料から天引き)を更新しました。

2018年8月9日

ブログ(給与のデジタル払いは可能?)を更新しました。

2018年8月10日

ブログ(管理職にも労働時間管理を)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

残業45時間超で健康対策促す

残業45時間の人って、結構いると思うのですが…。
7月14日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

残業45時間超で健康対策促す 厚労省、企業に義務づけ

 


ここから

 

厚生労働省は2019年春から導入する残業時間の上限規制で、原則の上限である月45時間を超えて残業させる場合、社員の健康を守る対策を定めることを企業に義務付ける。内容は限定しないが、深夜勤務の制限や、退社から出社まで一定の時間をあける制度の導入などを求める。企業が安易に、残業時間を延ばせないようにする。

 

労働政策審議会(厚労相の諮問機関)で決める。労働基準法に基づく省令で定める労使協定(36協定)の必須記載事項に、月45時間超の残業をした人に対する健康確保の対策の内容を規定する。記載がない協定は労働基準監督署が受け付けない。

 

対策の内容は企業の労使に委ねるが、労基法の指針で望ましい項目を示す。特別休暇を与えるほか、連続した年次有給休暇の取得を促す施策や、深夜勤務の回数の制限、退社から出社まで一定の時間を設ける勤務間インターバルの導入などを盛り込む方針だ。

 

ここまで

 


残業が月45時間ということは、その月の所定労働日数にもよりますが一日約2時間程度の残業です。
ということは、18時が終業時刻だったとして、毎日20時まで残業している人です。

 

それぐらい働いている人はたくさんいると思うのですが…。

 

 

45時間を超えて残業させると、会社には新たな義務が求められそうです。


ここでは、以下を盛り込む方針とされています。
・特別休暇を与える
・連続した年次有給休暇の取得を促す施策
・深夜勤務の回数の制限
・退社から出社まで一定の時間を設ける勤務間インターバルの導入など

 

 

中小企業さんであれば、勤務間インターバル制度あたりを検討されてみてはいかがかなと思います。