就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2018年9月13日

ブログ(退職者をAIで予測)を更新しました。

2018年9月19日

ブログ(厚生年金のパート適用拡大を検討)を更新しました。

2018年9月20日

ブログ(パワハラ対策を法整備か?)を更新しました。

2018年9月21日

ブログ(サービス業従業員への迷惑行為)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

自由だから非正規

正社員になることを目指すのではなく、非正規社員のままがいいと考える人が増えているようです。
8月8日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

「自由だから非正規」4割増 労働力調査、賃金・待遇も改善

 


ここから

 

働く時間の自由度を求めて非正規雇用を選ぶ人が増えている。総務省によると、4~6月時点で「都合のよい時間に働きたいから」非正規で働く人は592万人で、5年前から44%増えた。人手不足を受け、賃金が上昇したり厚生年金に加入できたりと待遇改善が進んだことが大きい。企業は働き方改革を急ぐが、非正規・正規ともに多様な働き方の実現にはなお課題が残る。

 

非正規で働く主な理由は「家計の補助・学費等を得たいから」「家事・育児・介護等と両立しやすいから」などを抑え、「自分の都合のよい時間に働きたいから」が最も多く全体の約3割を占めた。ただ、この5年で24%減ったとはいえ「正規の職員・従業員の仕事がないから」非正規で働く人も259万人いた。

 

ここまで

 


「いつでも」「何でも」「どこででも」働かなければならないのが正社員。
責任だって相当重いと思います。

 

それに対して、わりと楽に働けるのが非正規社員。
その非正規社員の待遇が改善されています。

 

 

毎年、最低賃金は上昇しています。
厚生年金および健康保険にも加入できるようになった人も多いと思います。
加えて、働き方改革法案の成立で、同一労働同一賃金が期待されます。

 

 

非正規社員で活躍するには追い風が吹いているように思います。