就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2018年9月13日

ブログ(退職者をAIで予測)を更新しました。

2018年9月19日

ブログ(厚生年金のパート適用拡大を検討)を更新しました。

2018年9月20日

ブログ(パワハラ対策を法整備か?)を更新しました。

2018年9月21日

ブログ(サービス業従業員への迷惑行為)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

上意下達よ、さらば?

財務省が「360度評価」制度の導入を検討しているようです。
8月15日の日経夕刊から抜粋します。

 

 

上意下達 さらば? 財務省、不祥事で風土改革 「部下が上司評価」検討

 

 

ここから

 

財務省には、にらまれると怖い上司を若手・中堅官僚がランキングした「恐竜番付」と呼ばれるペーパーがある。別名“パワハラ番付"とも呼ばれるが、この名物が二度と作られなくなるかもしれない。部下が上司を評価する「360度評価」を、本気で導入する検討に入ったためだ。上意下達の軍隊的な風土が間違った方に働き、公文書改ざんのような事件を引き起こしたとの反省がある。

 

風通しのよい組織を目指したこの人事改革は、採用の苦戦というもう一つの課題の処方箋にもなるとの期待もある。

 

「一部の問題として考えるのではなく、組織全体の問題として再生に向けて取り組んでもらわねばならん」。麻生太郎財務相は7月末に開かれたコンプライアンス推進会議の冒頭、幹部職員にこう訓示した。同会議は森友学園に関する公文書の改ざんやセクハラ問題を受け、財務省の再生策を議論するために新設された。360度評価はその再生策の一つだ。

 

360度評価は上司が部下を評価する従来型の人事評価ではなく、上司、同僚、部下など立場が異なる複数の関係者が対象者を評価する方法だ。

 

ここまで

 


公文書改ざんやセクハラで世間を騒がせた財務省。

 

そんな財務省が風通しの良い組織形成のために「360度評価」の導入を考えているとのことです。
一時期流行りましたね、この360度評価。

 

 

通常の評価制度は、直属長等の一次評価者と所属長等の二次評価者で評価する形が多いです。
つまり、上司が部下を評価するものです。

 

この360度評価は、同僚が同僚を評価したり、部下が上司を評価する点に特徴があります。

 

 

「恐竜番付」と呼ばれるペーパーまであるとされる財務省。
部下が上司をウォッチする制度ができれば、風通しが幾分良くなるでしょうか?