就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2019年10月31日

ブログ(残業代遡及を3年に延長へ検討)を更新しました。

2019年11月1日

ブログ(年金手帳の廃止を検討)を更新しました。

2019年11月7日

ブログ(社会保険加入逃れの検査を強化)を更新しました。

2019年11月8日

ブログ(パワハラ防止義務化の日程案)を更新しました。

2019年11月12日

ブログ(育休促進で膨らむ雇用保険)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

裁判所と国会でも障害者雇用を水増し

裁判所と国会まで…。
9月8日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

障害者雇用、裁判所も399人水増し

 


ここから

 

中央省庁などの障害者雇用水増し問題で、厚生労働省は7日、全国の裁判所で399人、国会で37人の不適切な算入があったと発表した。裁判所と国会は、2017年は計約730人を雇用していたと発表しており、半分以上が水増しになる。

 

また裁判所と国会は当時の法定雇用率(2.3%)を達成したとしていたが、それぞれ0.97%、1.31%と激減した。厚労省は水増し問題の経緯などを検証するため、弁護士や専門家らでつくる検証委員会を設置し、10月までに再発防止策などをまとめる方針だ。

 

ここまで


司法と立法の場でも、水増しがあったとはショックです。

 

 

水増しによる障害者雇用率の達成で、「十分に雇用しているから、これ以上は雇用しなくていいだろう」というような考えになれば、障害者雇用を阻むことになりかねません。

 

 

記事にある再発防止策の策定が早急に求められます。