就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2018年12月5日

ブログ(医師の勤務間隔を確保へ)を更新しました。

2018年12月6日

ブログ(正社員の待遇下げは回避を)を更新しました。

2018年12月7日

ブログ(退職日は月末前がお得?)を更新しました。

2018年12月11日

ブログ(訪問介護のセクハラ根深く)を更新しました。

2018年12月12日

ブログ(有休取得、日本が最下位)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

女性就業率が初の70%台

働く女性が増えていますが、雇用情勢はひっ迫しているようです。
9月28日の日経夕刊から抜粋します。

 

 

女性就業率 初の70%台

 

 

ここから

 

総務省が28日発表した8月の労働力調査によると、15~64歳の女性のうち、就業者の比率は前月比0.1ポイント上昇の70.0%と、初めて7割台に達した。働く時間を選びやすいパートなどが増えている。

 

厚生労働省が同日発表した8月の有効求人倍率(季節調整値)は1.63倍と前月から横ばい。44年ぶりの高水準を保った。人口減少を背景に人手不足が続いている。

 

ここまで

 


「就業者」とは、「個人事業主」「家族従業者」「雇用者」からなります(育児・介護の休職者等も含む)。
平たく言えば、働いている人すべてということです。

 

 

15~64歳の女性で、働いている人の割合がはじめて70%になったとのことです。
実感としてはもっと多い感じがします。

高校生は基本的に就業者になることはないでしょうから、そのせいでしょうか。

 

 

有効求人倍率は1.63倍と高止まりしています。
女性の社会進出が高まっても、雇用情勢はひっ迫していると認識せざるを得ないですね。