就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2018年11月6日

ブログ(美術鑑賞で創造性を磨く)を更新しました。

2018年11月7日

ブログ(介護職4割「有給取れず」)を更新しました。

2018年11月9日

ブログ(長期失業者が最少)を更新しました。

2018年11月15日

ブログ(中小企業の4人に1人「年休取得ゼロ」)を更新しました。

2018年11月16日

ブログ(AIがアルバイト面接)を更新しました。

2018年11月20日

ブログ(ブラックインターンシップ)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

兼業・副業「許可せず」75%

兼業や副業を政府が推進するも、実態はなかなか進まないようです。
10月12日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

兼業・副業「許可せず」75% 労研機構調べ 政府推進も進まず

 

 

ここから

 

政府が推進する会社員の兼業、副業について、独立行政法人労働政策研究・研修機構が企業や労働者にアンケートをしたところ、企業の75.8%が「許可する予定はない」とし、労働者も56.1%が「するつもりはない」と回答したことが分かった。

 

政府は2017年3月にまとめた働き方改革実行計画の中で、兼業や副業を「新たな技術の開発、起業の手段、第二の人生の準備として有効」としたが、浸透していない実態が浮き彫りになった。

 

兼業、副業を既に「許可している」企業は11.2%にとどまり、「許可を検討している」も8.4%だった。

 

許可しない理由を複数回答で尋ねたところ、「過重労働となり、本業に支障を来すため」が82.7%で最多。「労働時間の管理・把握が困難となる」も45.3%を占めた。

 

ここまで

 


政府は兼業・副業を推進するものの、「許可する予定はない」企業が75%で、「するつもりはない」労働者が56%。
政府の思惑とかけ離れたアンケート結果でしょう。

 


たしかに、普通の正社員の方の兼業は極めて困難でしょうね。

 

兼業を認めると、企業は時間管理の責任が生じます。
兼業先の労働時間も労働者の申告により把握する必要があります。
時間外勤務手当や健康状態の把握の問題がありますからです。
実態的には、そんな手間を負いたくないというのが正直なところでしょう。

 

 

また、労災補償の問題もあります。
兼業先で労災事故が起きた場合、その兼業先での賃金(通常であれば、安い賃金が想定されます)のみで休業補償給付などの支給金額が決定されます。
メインで働いている会社での賃金(通常であれば、高い賃金が想定されます)は全く考慮されないので、たまったものではありません。

 

 

会社が兼業・副業を一律禁止することには、問題があると言われています。
基本的に、会社での就業時間以外は自由利用が基本ですからです。

だから、就業規則で兼業・副業を許可制にしている会社が多いのが実情です
ですが、許可を求めても許可するつもりはないというのが実態のようですね。

 

 

兼業・副業については、「副業・兼業の促進に関するガイドライン」というものが厚生労働省から出されていますので、ご参考まで。