就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2018年11月6日

ブログ(美術鑑賞で創造性を磨く)を更新しました。

2018年11月7日

ブログ(介護職4割「有給取れず」)を更新しました。

2018年11月9日

ブログ(長期失業者が最少)を更新しました。

2018年11月15日

ブログ(中小企業の4人に1人「年休取得ゼロ」)を更新しました。

2018年11月16日

ブログ(AIがアルバイト面接)を更新しました。

2018年11月20日

ブログ(ブラックインターンシップ)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

無期雇用派遣が広がる

「無期雇用派遣」という言葉を聞いたことがありますか?
10月3日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

無期雇用派遣 広がる

 

 

ここから

 

人手不足が続くなかで人材派遣各社が、無期雇用で契約した人材の派遣サービスを拡大している。3年を超えて同じ派遣先で働けることが特徴で、各社が人材の囲い込みに動いている。人材会社が正社員として雇用して企業に派遣するサービスも広がり、派遣ビジネスの新たな市場になりつつある。

 

2015年9月末施行の改正労働者派遣法では「3年ルール」と呼ぶ仕組みが導入され、同じ人材を同一の部署で3年を超えて派遣することができなくなった。ただ「雇用安定措置」として派遣会社が無期雇用すれば、3年の制限を超えて同じ部署に派遣できる。制度導入から3年が経過し、今年9月末から有期の期限を迎える人材が出始めているため、経験が豊富なこうした人材を新たに無期の契約で取り込む。

 

ここまで

 

 

「派遣」と聞くと、スポット的に3ヵ月とか半年程度働くというイメージをお持ちの方がまだいらっしゃるかも?

 

 

最近では、「無期雇用派遣」という働き方もあります。
派遣元の会社が正社員などの形態(厳密に言うと、契約期限のない無期雇用)で雇って、派遣先へ派遣をして活躍してもらうというものです。

 

 

労働者派遣法では、「3年ルール」という縛りにより、派遣労働者が一つの部署で働ける期間を3年までとしています。
派遣労働者が派遣先の正社員の雇用を侵食しないように、このような縛りを設けたわけです。

 

 

派遣元で正社員などの無期雇用をしている派遣労働者の場合、この「3年ルール」を適用しなくてすみます。
つまり、同じ部署の派遣先に3年を超えて派遣することができるわけです。
派遣先で長い期間、活躍することが可能です。

 

 

人手不足のご時世…無期雇用で派遣会社に雇入れられ、派遣先で活躍するという働き方も脚光を浴びているようです。