就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2018年11月6日

ブログ(美術鑑賞で創造性を磨く)を更新しました。

2018年11月7日

ブログ(介護職4割「有給取れず」)を更新しました。

2018年11月9日

ブログ(長期失業者が最少)を更新しました。

2018年11月15日

ブログ(中小企業の4人に1人「年休取得ゼロ」)を更新しました。

2018年11月16日

ブログ(AIがアルバイト面接)を更新しました。

2018年11月20日

ブログ(ブラックインターンシップ)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

人手不足が2030年に640万人

人手不足の調査結果のご紹介です。
10月24日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

人手不足、30年に640万人 女性・シニア就労課題

 


ここから

 

パーソル総合研究所と中央大学は23日、日本の人手不足が2030年には644万人に達するとする調査結果を発表した。17年の日本の人口の約5%に当たり、千葉県の人口(626万人)を上回る。厚生労働省が試算した17年時点での人手不足(121万人)の約5倍だ。労働力の確保には賃金の上昇や保育所の充実といった対策が不可欠との提言をまとめた。

 

ここまで

 


千葉県と言ったら、首都圏の主要な地域です。
12年後、千葉県の人口よりも多い644万人の労働力が不足することにりそうとのことです。

 

 

記事では…
・保育の受け皿の整備で、女性労働者を102万人確保
・定年延長で、高年齢労働者を163万人確保
・外国人受け入れ施策で、外国人労働者を81万人確保
できる見込みがあるとのことです。

 

これらの労働力が確保できたとしても、不足分(644万人)の半分程度。
残りの不足分(300万人弱)の労働力は、「人工知能(AI)」などの技術革新で補えるそうです。

 

 

数字の上では、新たに創出される労働力や技術革新によって、不足分を補えるかもしれないです。
あとは、ミスマッチの問題ですね。
3Kと言われる業種やサービス業はますます人の確保が厳しくなるように思います。