就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2018年12月5日

ブログ(医師の勤務間隔を確保へ)を更新しました。

2018年12月6日

ブログ(正社員の待遇下げは回避を)を更新しました。

2018年12月7日

ブログ(退職日は月末前がお得?)を更新しました。

2018年12月11日

ブログ(訪問介護のセクハラ根深く)を更新しました。

2018年12月12日

ブログ(有休取得、日本が最下位)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

有給取得率が向上

有給の取得率が向上しているみたいです。
10月24日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

有給取得率、昨年は51.1% 厚労省調査

 


ここから

 

厚生労働省が23日公表した2018年の就労条件総合調査によると、2017年の年次有給休暇の取得率は51.1%だった。前年から1.7ポイント上昇。政府は20年までに取得率を70%にする目標を掲げるが、隔たりは大きい。企業は19年4月から一部の従業員に年5日以上の年休を取らせる義務が生じる。厚労省は義務化で取得率アップをめざす。

 

ここまで

 

 

昨年の年次有給休暇の取得率は51.1%でした。
この統計では、ずっと50%を超えられなかった記憶がります。
わずかではありますが、50%を超えました。

「半分取得できたのだな」とちょっと見た目と言いますか、聞こえがよく改善された感じがします。

 

 

来年4月からは、5日以上の年次有給休暇取得させることが義務付けられます(例外あり)。
これにより、大幅に取得率が伸びることが期待できますが、結果やいかに?