就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2018年11月6日

ブログ(美術鑑賞で創造性を磨く)を更新しました。

2018年11月7日

ブログ(介護職4割「有給取れず」)を更新しました。

2018年11月9日

ブログ(長期失業者が最少)を更新しました。

2018年11月15日

ブログ(中小企業の4人に1人「年休取得ゼロ」)を更新しました。

2018年11月16日

ブログ(AIがアルバイト面接)を更新しました。

2018年11月20日

ブログ(ブラックインターンシップ)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

パワハラ防ぐカキクケコ

これらを実践すると、パワハラを防止できるかも?
10月23日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

パワハラ防ぐカキクケコ 怒りは6秒我慢する

 


ここから

 

ビジネスパーソンにとって部下との接し方を一歩間違うと、「上司から嫌がらせを受けた」と訴えられかねない。パワーハラスメントにならない上手な部下のしかり方を専門家に聞いた。

 

そもそもパワハラとは何か。厚生労働省は「同じ職場の人間に対し地位や人間関係など職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて精神的・身体的苦痛を与える行為」と定める。

 

部下がミスをするとついカッとなって、大声で怒鳴りたくもなるだろう。職場のメンタルヘルスに詳しい精神保健福祉士の八木亜紀子さんは、「6秒ルール」を勧める。脳内興奮物質のアドレナリンが分泌するピークは6秒以内とされる。その間、グッと怒りを我慢すれば冷静さを取り戻せる。さらに部下を指導する際の注意点として、「カキクケコ」の心得を提唱する。

 

カは環境を整える。叱る時は1対1でするなど、面談の環境づくりを心がける。キは記録を付ける。指導内容を記しておけば、次の指導時に生かせる。クは具体的に指摘する。どこが悪いのかをピンポイントで伝える。ケは傾聴する。相手の言い分をじっくり聞けば、部下は聞く耳を持つ上司だと思い信頼関係が生まれる。コは「これから」を明確にする。注意しっぱなしにせずに今後の解決策を示す。

 

ここまで

 


管理職や指導する側の仕事をすると、部下等の仕事に対して思わず怒りがこみ上げることがあると思います。
そんなとき、一歩間違うとパワハラと受け取られかねません。

 

 

そのようなことのないように、まずは「6秒」我慢することが大切だそうです。
「1秒、2秒…」と秒数を数えるといいかもしれないですね。
怒りがこみあがっているとき、そんなことをするのは至難の業かもしれませんが…。
まずは、自分に怒りがこみあがっているという事実を認識することが大切だと思います。

 

 

「カキクケコ」は、この6秒が終わってからの話ですね。

 

どれも大切ですが、「キ」の記録をつけることが大切だと思います。
労使の争いごとで能力不足の解雇のお話しを聞くと、きちんとした指導ができていないことが多いです。
いろいろと指導して手を尽くした上で、それでも雇い続けることが困難であるという状況でなければ解雇は難しいです。
記録は、そんな証明につながるように思います。