就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2018年11月6日

ブログ(美術鑑賞で創造性を磨く)を更新しました。

2018年11月7日

ブログ(介護職4割「有給取れず」)を更新しました。

2018年11月9日

ブログ(長期失業者が最少)を更新しました。

2018年11月15日

ブログ(中小企業の4人に1人「年休取得ゼロ」)を更新しました。

2018年11月16日

ブログ(AIがアルバイト面接)を更新しました。

2018年11月20日

ブログ(ブラックインターンシップ)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

介護職4割「有給取れず」

介護のお仕事は、やはり大変そうです。
9月18日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

介護職4割「有給取れず」 労組調査 人手不足など原因に

 

 

ここから

 

介護職員の4割が有給休暇をほとんど取得できていない実態が、介護職員らでつくる労働組合「日本介護クラフトユニオン」の調査で分かった。現場の人手不足などが原因とみられ、関係者は労働環境の改善などを求めている。

 

40%が有給休暇について「なかなか取得できない」または「全く取得できない」と回答。56%は「いつでも取得できる」「ある程度取得できる」と答えた。

 

取得できない理由(複数回答)では64%が「人手不足」とし、「仕事量が多くて取りにくい」(40%)、「周囲の人に迷惑をかけるから取りにくい」(27%)などが続いた。「申請しても認めてもらえない」(3%)と答えた人もいた。

 

ここまで

 


介護のお仕事は、いわゆる3K職場と言われます。
そんなこともあり、従業員を募集するもののなかなか人が集まらない…。

離職率も高いかもしれないです。
だから、慢性的な人手不足なのだろうと思います。

 

 

記事の見出しを見た時、「有休が取れないんだなぁ」と思いましたが、記事を読んでみると56%の人が「いつでも取得できる」「ある程度取得できる」とのこと。
人手不足の割には、逆の驚きがありました。

 

 

来年度から、一定の人に対して年5日の年休を強制的に取得させるようになります。
「取得できない」という「40%」の数字が下がることが期待されます。