就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2018年12月5日

ブログ(医師の勤務間隔を確保へ)を更新しました。

2018年12月6日

ブログ(正社員の待遇下げは回避を)を更新しました。

2018年12月7日

ブログ(退職日は月末前がお得?)を更新しました。

2018年12月11日

ブログ(訪問介護のセクハラ根深く)を更新しました。

2018年12月12日

ブログ(有休取得、日本が最下位)を更新しました。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

中小企業の4人に1人「年休取得ゼロ」

中小企業の年休取得状況はきついみたいです。
11月13日の日経朝刊から抜粋します。

 

 

中小企業の4人に1人「年休取得ゼロ」 連合総研調べ、人手不足背景に

 


ここから

 

連合系のシンクタンク、連合総研が実施した調査によると、従業員100人未満の中小企業で働く4人に1人が過去1年間で年次有給休暇(年休)を全く取得しなかった。残業時間が長い人ほど年休を取得できていないという。企業には2019年春から年5日の年休を取得させる義務が課されるが、従業員の就労環境改善など喫緊の課題は多い。

 

「まったく取得しなかった」との回答は、従業員数100人未満の企業に勤める人の24.8%。100~999人は14.8%、1000人以上は7.7%で、規模が小さい企業ほど取得できない傾向があった。人手不足を背景に休みづらい職場環境がありそうだ。

 

1カ月の残業時間が45時間未満の従業員のうち「まったく取得しなかった」と回答した人の割合は11.8%。これに対し45時間以上80時間未満では32.4%、80時間以上は36.4%だった。

 

ここまで

 


残業時間が長い人をどうみれば良いのでしょうか?

 

仕事ができるためその人に仕事が集中するから、残業時間が長い?
それとも、要領が良くなくて、仕事が遅いから、残業時間が長い?
まぁ、前者だと思いますが…。


そもそも中小企業は、一人の人が何役も担いますから、全員が残業時間が長いのかも?

 

 

いずれにせよ、来年度から強制的に年5日の年休を取得させることになります。

 

 

仕事の時間が長い人にも年5日の年休を取得させなければならないので、仕事の割り振りを見直さなければならないのでしょうね。