就業規則無料診断のお知らせ

御社には就業規則がありますか?

古くはないですか?

果たして、本当にその就業規則で大丈夫ですか?


まずは、無料診断から!お気軽に、こちらからどうぞ!

 

1分で出来る就業規則チェックリスト」に、トライしてください!

 

主な業務地域

川崎市、横浜市をはじめとした神奈川県内、大田区・品川区をはじめとした東京23区内等

新着情報

2019年4月8日

ブログ(厚生年金、156万人加入漏れ)を更新しました。

2019年4月9日

ブログ(労働法違反すると求人拒否へ)を更新しました。

2019年4月12日

ブログ(外国人の労働条件を調査)を更新しました。

2019年4月17日

ブログ(日本初のセクハラ裁判)を更新しました。

2019年4月18日

ブログ(厚生年金加入、70歳以上も検討)を更新しました。

(お断り)4月19日、ブログの内容を一部修正しております。

アメーバブログで日々の出来事と人事情報を綴っています。そして、川崎フロンターレのことも…。

ご注意とお願い

「役立ち情報」「ブログ」につきましては、ご理解いただけるように分かりやすく記述しております。例外などもありますので、ご注意ください。
最終的なご確認については、各種法令又は各種官公庁にてお願い致します。

SNS情報

Facebookは、現在お休み中です。

マリノスが社員を懲戒解雇

湘南ベルマーレがルヴァンカップで初優勝し、川崎フロンターレがリーグ優勝。そして、横浜FCもJ1参入プレーオフへ駒を進め、神奈川県のクラブがJリーグを盛り上げている中で、残念な懲戒解雇事案のご紹介です。
ネットニュースから抜粋します。

 

 

3300万円は「高額な飲食代、衣服のまとめ買い」…元社員の私的流用で横浜FM幹部が謝罪

 

 

ここから

 

横浜F・マリノスで元経理社員による約3300万円の着服、私的流用が発覚した。

 

対象事案は2012年3月ごろから18年4月までの約7年間において発生。元社員が収入印紙の管理担当者に対して、契約書の作成に必要だと騙したうえで、収入印紙を購入させ、受領することで、クラブの資金約3300万円を私的に流用した。元社員は2006年に入社。今年1月に異動するまで経理を担当していた。

 

発覚の経緯は今年4月に同社員が異動したあとでも同様の要請がされたことから、不審に思った収入印紙の管理担当者が上司に相談。元社員を問いただしたところ、不正が発覚。元社員は収入印紙を金券ショップで換金。高額な飲食代、デパートなどでの衣服のまとめ買いなど遊興費に使っていたという。元社員は6月11日付で懲戒解雇された。

 

ここまで

 


「懲戒解雇は、働く人にとって死刑に等しい」とよく言われます。
それゆえ、「懲戒解雇だけは勘弁してください」と無効を求める裁判が行われることがあります。

 

ぜひ知っておいていただきたいのは、少額でも金銭の横領や不正行為に対して裁判所の判断は厳しいものがあるということ。
記事を読む限り、この件では懲戒解雇処分は妥当だと思います。

 

お金を扱う仕事をしている人は、どうか目がくらみませんように…。

 

 

一方で、管理する側の体制はどうだったのでしょうか?
7年間で3,300万円ですから、1年あたり平均で約470万円。
契約書の印紙として、毎年そんなに多くの収入印紙を使っているのでしょうか?
そして、それに気が付かなかったのでしょうか?

 

厳しい管理体制を敷くことが、不正を許さない…。

それは社員を疑っていからではない…。

社員が不正をしないようにすることが、社員を幸せにする…。

そんなことを聞いたことがありますが、こういう事案を見ると、たしかに言えてるなぁと思います。

 

 

サポーターが払った入場料やグッズの購入代が遊行費に使われていたとは、本当に腹立たしいです。